フォレストリバイタライズ産業

Forest Revitalization Industry

ー 森林と人との新たな関係性を育む ー

森に関わる多様な人々が繋がり合うことで、時間と空間を越えた新たな価値循環のエコシステム(生態系)を形成し、森と人とが共に繁栄する世界を共創するプロジェクトです。

Issue & Our Mission

日本は、国土の約7割が森林という、世界でも有数の森林大国です。けれど、森は多くの課題も抱えています。

生態系的課題 ~いかに保全するか~

森林には、木材資源を産み出す機能だけでなく、二酸化炭素の吸収、生物多様性の保全、水源の涵養、土砂災害の防止といった、私たちの生命を支える重要な役割があります。

気候変動をはじめとする環境問題が深刻化する昨今、あらためて森林の価値が見直され、その価値が経済のロジックにも組み込まれようとしています。

こうした流れも活かしつつ、森を乱開発や荒廃から守り、人の活動によって森林が保全される仕組みを創ります。

林業的課題 ~いかに経済循環を生むか~

林業は深刻な担い手不足に直面しています。その背景にあるのは、木材需要の縮小に伴う、木の価格の下落です。

山の所有者に十分な収入が入らないことで、伐採後の再造林が進まないという課題もあります。植林や育林をしてもシカ等の動物に食べられてしまう獣害も大きな課題です。

資源が持つ価値を最大限に引き出し、エコシステム全体に健全な経済循環を生み出すことで、伐採後の森が確実に再生する、持続可能な生産の仕組みづくりを目指します。

文化的課題 ~いかに森と人とを近づけるか~

かつては森と共に暮らしてきた日本人ですが、都市化が進み、里山文化が失われつつある今、多くの人にとって、森は遠い存在になりました。

けれどひとたび森に入れば、森は私たちを癒し、創造性を刺激し、気付きを与え、人が生まれ持つ生命力や野生を回復してくれます。

森の魅力を最大限に引き出し、その楽しみ方や活かし方を提案することで、人が積極的に森に関わるようになるような、仕組みと文化を創ります。

Our Vision

森に人が関わるほどに、生態系が回復し、人々の心も暮らしも豊かになる、価値循環の仕組みをつくる。

森の魅力化

  • 森林空間を活かした価値創出
  • 木質資源を活かした価値創出
  • 森の魅力の発信

森のデジタル化

  • 森の計測
  • 森での活動の可視化 
  • 森のデータベース構築

繋がりのプラットフォーム化

  • 森をハブとした共創コミュニティの形成
  • 森と人の繋がりの可視化
  • 保全された森の価値の可視化

Ecosystem Image

点在する森林関連プレイヤーをデジタルで繋ぎ、人々の叡知とワクワクを集めながら発展するプラットフォームの構築を目指す。

Ecosystem Partner Recruiting

『フォレストリバイタライズ産業』は、エコシステムの共創に構想・実験段階から関わっていただけるメンバーを募集しています。
コンセプトに共感いただけた方、一緒に産業づくりを目指したいと思ってくださった方は、ぜひご連絡ください。

Member

現在活動中のプロジェクトメンバーはこちら。メンバーは引き続き募集中です。

山口 有里

SUNDREDインタープレナーコミュニティメンバー

吉井 拓史

SUNDREDインタープレナーコミュニティメンバー

大多和 明

SUNDREDインタープレナーコミュニティメンバー

留目 真伸

SUNDRED株式会社 代表取締役|パートナー

新産業共創プロセス

目的(新産業テーマ)の共創、エコシステムの共創を行い、スケールする事業を創り出していきます。アカデミアの研究とプロジェクトでの実践を通じて有効なプロセスを確立しています。

1

目的の共創

トリガーとなるアイデアやSDGs等の大目的をきっかけに、プロジェクトのゴールとなり得る中目的をオープンな対話の場を通じて共創する。

2

チームの組成

「新産業プロジェクト」を自分ゴトとして推進する「勇者」をあぶり出し、賢者・戦士・魔法使い等を含めた「クエストチーム」を組成する。

3

エコシステム仮説の共創

「クエストチーム」を中心に新産業のエコシステム(プラットフォーム型事業 / アプリケーション型事業の組み合わせ)の仮説を共創する。

4

共創会の設立

ステークホルダーとなる企業等を集め、「共創会」をスタートし、エコシステムのデザインの具体化を進める。

5

事業体の強化

エコシステムの中核となる「トリガー事業」を特定し、強化を行う。

6

エコシステム構築の加速

「トリガー事業」の加速を支援するとともに、共創によるエコシステムの構築を各社の事業推進を通じて加速していく。